2008年10月07日

月に群雲、花に風

作詞:無楽 作曲:j
 まとめ

 花の咲く袖 顔隠し
 その手をとった人の数
 春の夜に咲く華と同じ
 されど唇奪うのは
 散らぬ桜を探すに似たり

 かつて君に仕えた華の どれよりもが私だと
 気づく時の月や華 雲がかかって風と吹く

 夕立の下にいるあなた
 今はいずことめぐらすは
 雨音の数 知ると同じ
 されど想いを馳せるのは
 雨の波紋の行方に似たり

 心、波風立つ時こそ 生きていると諭すのは
 あなたという風流に 染まる自分か恋心

 ビルの影から覗く月を 画面越しの花びらを
 いまも隠す雲に風 今か昔か知らずとて

メロ

オケ

仮歌
 
歌ってもらいました
ドンゴッサモさん
posted by noname_jonny at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲・詞先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。