2011年09月07日

弧楽

作詞:無楽 作曲:いんくとらんす
 まとめ

 花と愁いの通り雨
 咲きに初めしは貴女の色
 朱に交われば紅くなる
 心を映す頬の色

 一人寝にみる夜の闇
 声にならない声を知る
 泣いて叫んだその横で
 素知らぬ顔の鈴虫の音(ね)

 この世の 春を知りせば もう覚めざらましを
 貴女に帰り逝きたい 夢の限りに

 涙に溺れ掴むのは
 細く拙い愛の藁
 花に嵐の例えにも
 心を殺す術(すべ)を問う

 この世の 春を知りせば もう覚めざらましを
 貴女に還り逝きたい 夢のまにまに

 貴女に還り逝きたい 夢の限りに

posted by noname_jonny at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。